排除とは

kaigo03_l誰が相続人になるかという事については民法で定められていて、基本的にはその順位で相続人になるかどうかが決まっていきます。しかし、その中でも相続人になれない場合というものが出てきます。相続欠格などで相続することができないほか、相続される人の意思によって廃除されることがあります。
まず、遺言で相続分を残されない場合です。特に兄弟姉妹については遺言で相続分がないことにしておけば相続することができなくなります。しかし、それ以外の相続人については遺留分があるので、遺言で相続分をなくしていても一定割合で遺留分減殺請求をすることが可能になります。
そのため、遺留分のある相続人を相続から排除する手続きをすることで、まったく相続させないことが可能になるのです。被相続人に対し虐待をしていたり、著しい非行が見られる場合などに相続する権利を制限できるものです。単に気に入らない、という程度の理由では認められないでしょう。これは家庭裁判所に申し立てる必要があります。被相続人本人が生存中に申し立てることもできますが、廃除する旨を遺言に記載しておくこともできます。それをもとに遺言執行者が家庭裁判所への申し立てをすることになるのです。

コメントは受け付けていません。