普通養子縁組の場合はどうするの?

養子縁組とは、元々親子関係のないものに対して、法律上の親子関係を作ることを指します。特別養子縁組の場合には、血縁のある親とは親子関係を終了しますから、他の家へ養子に行った子供は法定相続人にはなりません。しかし、普通養子縁組では親子関係が存続します。ですから、血縁のある親と、養子に行った先の親との両方の法定相続人になることができます。つまり、両方から相続する権利を得ることができます。

もちろんですが、権利があると言うだけですから、それを行使する必要はありません。もう他の家に養子に行ったのだから、実の親の遺産は相続しないでおこうと考えるのなら、そうすることも可能です。相続放棄をするという方法もありますが、権利を主張しなければ良いだけで、遺産相続協議の中で受け取らないと決めれば良いだけです。

また、被相続人にとっては、誰に法律に則って財産を渡すのではなくて、自分で色々なことを決めたいと考えることもあるでしょう。このような場合、どうすれば良いのかというと、遺言を作成するのが良いです。こうすることによって、トラブルになったり法律上の荒阿蘇委が生じたりすることをある程度は防ぐことができるというメリットがあります。

コメントは受け付けていません。