養子・養父母は相続できるの?

遺産は、故人の配偶者と子どもが相続することに民法では定められています。配偶者以外は、民法では故人を中心とした血縁関係にある家族や親族に財産を受け継ぐ権利を認めています。そのため、嫁や配偶者の連れ子には、故人と血のつながりはないため、通常は財産を受け継ぐ権利は発生してきません。たとえ、故人と長い間生計を共にしていたり、介護を行うなどの世話をしていても考慮はされません。子どもは、婚姻関係を正式に結んだ妻との間にできた子どもだけでなく、愛人の子どもでも故人が生前に認知していれば、その子は血のつながりがあるため、財産を受け継ぐことができます。しかし、例外として血のつながりがない場合でも財産を受け継ぐことができる方法があります。それが養子縁組による法律上の親子関係を結んだ場合です。養子は血のつながりがなくても、法律の上では実子と同じ扱いになるため、実子と財産の分配の割合は同じです。逆に養父母より縁組した子どもが先に亡くなった場合は、養父母が実の親と同じように財産を受け継ぐ権利を持ちます。養子は、養父母の財産を受け継ぐことができるだけでなく、自分と血のつながりのある実の両親とも親子関係はあるとみなされているため、実の親の財産も受け継ぐことができます。

コメントは受け付けていません。